急進vivid

主に自分の苦しみを書き綴るものになります。

似てる人への嫌悪感

話のネタとして人を褒めることがあるんだけど、バイト先に似たように人を褒めるイケメンが入ってきた。

そのイケメンは多分生活に余裕があって、人間関係もうまくいってて、行く先行く先で自然と人が集まってくるタイプのイケメン。しかもイケメン。

褒め上手だし、やだなあ、っていうマイナスのこともプラスに考えようと提案するイケメン。ほんと心もイケメン。みんなが好きになるイケメン。

わたしは職場にマジ嫌いな人がいて、その人のことは本当に無理と公言してる。

でもこのイケメン、何故かわたしにこの嫌いな人を褒めるような話をしてくる。

すごい、頑張ってる、とか。

わたしは死ぬほど興味ないし、全く聞きたくもないのに、その話してくる。

嫌がらせかと思ったけど、多分そうではない。

そうではなく、イケメンはわたしに興味がないので、わたしが嫌いな人の話を振ってくるのだ。だって興味ないからわたしが誰を嫌いか覚えてるわけがない。

話を聞いたときは、なんやこいつ黙れと思ったけど、とりあえず「へーすごいよねーへーすごいすごい」で終わらせたけど、次にまた話し始めたら「その人の話は聞きたくないから他の人にしてもらっていいかな」って言うしかないわ。

八方美人な全方位いい人でもいいけど、不快になることは言わんといてくれ。

聞きたくないんじゃ。

じゃあの

鬱の人に鬱って言われるの草

いつもつまんねーーー相談とか愚痴とか言ってくる友人がいるんだが

初めて「生きてる意味がわかんない」って愚痴ってみた

そしたら

「鬱じゃない?病院行けば」

の一言で終わらされたんだが

 

 

もう二度と相談も愚痴も聞かないわ

 

もう切ろうかな

一緒にいても何も楽しくないしなあ

交友関係が変わってくんだ

 

というより、私が一人で離脱していくってことか

仕事を辞めるんだが、その理由の第一は仕事できない老害を放置し腐ってる上の人たちに、もう未来はないと思ったからなんだ。

老害はね、いるのはもう仕方ないわけ。仕事ができないのにやる気だけはあって、そのやる気と成果が全く比例してないわけ。それについてはまったくもってどうでもいい。なぜかというと、その仕事できないorミスしまくる老害のフォローをするのは上の人たちだろうから。

しかしね、その老害のミスの尻拭いを刺せられることが多すぎる。嫌だろうけどやって、じゃねーよ。やりたくねーんだよバーカ。私しかできないじゃねーよ他の人にもやらせろや何で私ばっかり後処理させられるんだよバーカバーカ。

勝手に早くきて勝手に早めにタイムカード切るって、それを許容してるのも意味不明。掃除してるからじゃねーよできてねーよ節穴かバーカ。そのせいで私より老害の方が給料高くなってるの意味わかんねーよバーーーカ。

どう考えたって私の方が仕事できる。辞めると言った時もみんなビックリしてた。でもね、何度も何度も相談したし、最終確認もした。そこで理解した。いつまでも私は押しつけられる。ストレスを溜める。

なんとなくで働いた、父のために決めたような仕事だったからってのもある。

辞めることに何の後悔もない。ほんとにない。

やめて欲しくないじゃねーよ。アンタたちがそうさせたんだよ。

それを説明してあげるつもりはもう無いけどね。

そのまま重大なミスしまくって潰れてくれても何とも思わないよ。

業種的に潰れないと思うけどね。

このブログはただひたすら暗いだけのブログです

誰も読んでないということがわかるから、かけることもあろう。

毎日を過ごしてただ生きてるだけ。

生きる理由は無いのに、じゃあなぜ死なないのかということなんだけど、それは家族が悲しむからなんだわ。

家族を悲しませたくないから、生きてるだけ。

死にたくないとはあまり思わない。

痛い死に方は嫌だけどさ。

誰に相談することもできないし。

相談できる友達もいないし。

下ばかり見て安心してたらだめなんだわ。

ちゃんと上を見て生きてかなきゃだめなんだわ。

後悔したく無かったから

後悔の無いよう、動いてきたから

 

父が亡くなった。

でも、きちんと、後悔しないよう、自分では、動いてきたつもりだ。

ずっと準備をさせられていたのかもしれない。

父がいないということが全く実感できないけど。

 

いつか居ないことを知る時が来るかもしれない。

自覚して、悲しくなる時が来るかも。

 

お父さんありがとう。

ありがとうございました。

本当にありがとうございました。

はあー

恥ずかしいー恥ずかしいよおーー

はあーまじで恥ずかしいーーー

はあー今後も頑張ろう……

 

周りが良い人でよかったよなあー

ほんともう……はあーー

こんなさあーーいい年してさあーー……はあーー

後輩に見られたのも恥ずかしいし、上司に見られたのも恥ずかしいしさあーー

ここだよなあ気にしてるの……

まーいっかぁ

見られたもんは仕方ないよねえーー

はあーー

はあーー……

謝ろう……

急転直下

父親が余命宣告、というか、先生が言わないからこっちから聞いたらあと半年くらいって。

泣いてしまいましたけども。

だからこそ父にも、私も、家族みんな、後悔しない生き方をしなきゃいけないなと。

人生は金で買えない。

思い出も時間も金で買える。

しなくて後悔するくらいなら、やってから後悔したい。

 

冬は嫌だなあ。

みんな体調悪くなるじゃん。

はあーやだやだ。